お久しぶりぶり。どうもわっふです。8月中頃からバタバタしててなかなか書けなかったブログですが、これは書かねばならんと思い、重い腰を上げようやく筆を執った次第でございます。キーボードだけどネ。
--------------------------------------------------------
   今巷で最も騒がれている「君の名は。」 皆さんはもうご覧になられましたか?

  僕は昨日観に行きました。台風10号の影響でクッソ土砂降りでしたが。

  見てない人に簡単に説明すると、「どこの誰とも分かんねぇ奴と中身だけ入れ替わって、お互いが誰なのか模索していくうちに衝撃の事実を知る事になり、その悲劇を救うストーリー」…みたいな?

  要するに「入れ替わりモノ」ですね。僕自身、新海誠さんの手がけた作品を「言の葉の庭」しか見たことが無いので深く掘り下げられませんが、他の作品と比べるとややコメディータッチなものになっていると思います。

  だって普通入れ替わりモノってギャグ感強いじゃないですか。特に男女入れ替わりね。お互いどうしていいか分からずあたふたしまくって、最終的に元に戻って「もうこりごりだ〜!」みたいな。

  そういう入れ替わりモノ特有の笑えるポイントもあるのですが、この作品の入れ替わりはちと違う。遠く離れた名前も知らない人と入れ替わるんです。普通この時点で詰むでしょ?でも、不定期入れ替わりでちゃんと本体に戻れるんですよ。
  周りの人達は「なんかちょっと変」ぐらいにしか思っていないので、当の本人達で解決しなければならない問題で、かつ相手がどこの誰だか分からないという…

  そうそう周りの人達といえば、皆いいキャラだったよね!瀧サイドの高木、司や奥寺先輩、三葉サイドのてっしーや早耶香ちゃん。

  主人公2人がファンタジー状態になってても、こういう「居そう感」のあるキャラが居るととても安心しますねw
最後の奮闘シーンでも、三葉の話をちゃんと聞いて誰よりも協力してくれた2人。「これが友情か…」と胸打たれました。
司と高木とのカフェのシーンも良かったですね。「学生の放課後」感がたまんないです。

  何か「目的」に向かってとにかく走る。無我夢中に、ただ必死に走るシーンに青春を感じました。「分からないけどとにかくやらなきゃいけない気がする」みたいな。思春期の若者らしいというか、見てる人間が応援したくなる姿
ほんまええなぁ感に全ての感情押し潰されそうになりました。良さみの頂上でした。のび太のおばあちゃんみたいな顔になってたと思う。

  キャストさん達の演技、プロ声優さんは安定でしたね。でも特に凄いと感じたのは神木隆之介さんです。

  キャストインタビューでも仰っていましたが、瀧(三葉)状態でも「あくまで瀧の体から出ている三葉の声」であることを意識して演じられていたそうです。これが上手いの何のって…流石トップ俳優さんですわ。るろ剣も見ましたよ僕。好き。
  三葉役を演じられた上白石萌音さんも同じことを意識されていたそうです。こちらもめっちゃ上手い。


  いろいろ言いましたが、一言で言いますと





しゅごい…

しゅごしゅぎる…

 (こっからは感情に任せて喋るゾ)

  はいまず美術!背景!!やべええええええええすげええええええ綺麗すぎるううううううううう!!!!新海誠万歳!!!!!
東京の風景、ロケハンを重ねた結果もう本物になってしまった。糸守町は一応架空のものですが、あの何とも言えない「THE・田舎」感ね。あんな懐かしさ作れないよ普通…

  キャラデザ!!良い!!田中将賀さんです。ここさけ」とか「あの花」を担当された方です。作画監督安藤雅司 さん。「思い出のマーニー」とかを担当された方です。

  あの媚びない感じというか、あの独特の雰囲気が究極美麗な背景とシンクロすると…筆舌に尽くしがたい…宇宙…    宇宙?

  脚本!!!説明不要!!!
もうね、凄い凄いってこの作品の何が凄いかっていうとね…


全部繋がる。


107分最初から最後まで余すところなく繋がる

開幕のあれすらも繋がる。最初から最後までシーンがそれぞれリンクする。発言も繋がる。ご神体の山の頂上の2人が出会うシーン、ポロっと言った「黄昏時」が伏線になってたと分かった瞬間鳥肌立ちましたわ…
しかもキービジュが既に伏線というか半ネタバレになっていようとは…107分に全てを投げて全てを回収する。これにはもうただただ脱帽。

  ここまで削るには途方もない苦労がかかったんだろうなぁ…と思うと「これ、もっとお金払った方が良かったよね…?」という気分に駆られます。

  キャストの演技!!!全員上手い!!!
ここまで不快感ないの!?さっきも言ったけど、神木隆之介さんとか、あと長澤まさみさんとか。ツッコむポイントがねぇ。

  音楽!!!良い!!個人的にRAD WINPSの曲は「君と羊と青」ぐらいしか聴かなかったのですが、何というか、歌詞のロマンティックな雰囲気はこの作品にピッタリだったと思います。僕は「前前前世」より「スパークル」の方がすこ。

  シコポイント!!シコポイント高いよこれ!!!君ら女の子と入れ替わったらどうする!?!?

乳揉むよね!?!?




揉んでました!!!!!うおおおおおおおおお!!!!!!

三葉ちゃんの寝起きの服のはだけた感じとか!!!
三葉ちゃんだけじゃない!奥寺先輩もシコ高い!!なんやあのえっちな雰囲気は!!誘ってるやろ!!

  こういう視点で見てほしくは無いけど、これは見所ですので是非。

  さっきも言いましたが、「言の葉の庭」は見ました。この記事書く前に一応と思って。この作品に出てきたユキノ先生はもしかして…?
なかなか遊び心ありますよねw

  いろいろ喋りましたが、最終的に見終わっての感想はもうこれですね。




クッッッソ面白ぇ…




また見に行きたいですね。いつか将来、不朽の名作として語られてるといいなぁ…




公式サイト↓(予告動画もサイト内で閲覧出来ます!)

「君の名は。」公式twitter↓

新海誠監督 twitter ↓