おーーーーーーっす!2か月振りやで!!!元気しとったか!!  …っつってね。いやマジすんませんでした…
  書くことがなかったってのが原因なんだけど、そもそも最近忙しすぎてねぇ…今後もまだちょっと忙しくなりそうなんで次の更新は未定ってことで。申し訳なさみが深い。
  というわけで、昨日の朝時間が取れたので見に行ってきました。どぞ。

--------------------------------------------------------
  今作は2年生の学園祭シノ,陽子,綾の過去のお話 をアニメ化したもので、一応原作5巻に載っています。(多少改変はされていますが…)

  そしてフォーカスが当たるのは綾ちゃん!シノやアリスじゃないんです。

  個人的にはメイン(?)の学園祭より過去回想、シノ達が高校に入学するまでの話を掘り下げてくれたのが良かったですね。
しかも、シノ達の通う学校名が今までは不明でしたが「県立もえぎ高校」と判明しました。地味に初出です。

  学園祭の衣装リーダーを担当していたシノの家で手伝いをしていたいつものメンバー。カレンがふと「シノはどうやって高校に入学したデスか?」と問いだしたところから回想が始まる。

  綾ちゃんは元々「水蓮女学院」という進学校に通う予定だったのですが、シノと陽子と別れるのが惜しく、合格を蹴って一緒に進む事を選びました。
また、学校見学のシーンではからすちゃん(烏丸先生)が登場し、例の「トーテムポールの歌」を歌っていました。相変わらず謎すぎるw

  回想は終わり、学園祭のパートへ変わります。シノのクラスは劇を行う予定でしたが、主役の子が風邪でダウン。急遽綾ちゃんが主役として舞台に立つことに

  緊張しやすい綾ちゃんは当然セリフも忘れるほどテンパりますが、客席のアリスと陽子の応援のおかげでお花畑モード(?)になり、乗り切りました。
しかし、続くカレンもセリフを忘れ、何故か客席のアリス,陽子,からすちゃんまでもが壇上に上がり、劇は収拾のつかないめちゃくちゃな状態にw
脚本を担当していたシノが金髪パワーで何とかまとめ、学園祭は無事終了。という感じでした。

--------------------------------------------------------
  この訳の分からない、それでいて微笑ましい光景こそ「きんいろモザイク」ですね。
現在病気療養中の種田梨沙さんの声も久々に聞けて嬉しかったです。

  てか、きんモザは難しい感想を書くような作品じゃないよねw  とにかく終始「可愛い」の一言に尽きます。尊い。
あまりの可愛さに上映中もずっとニヤけそうなのをずっとこらえていました。

  上映されている劇場はかなり少ないですが、お時間がございましたら、劇場に足を運んでみてください。きんモザ万歳!!

 入場特典の色紙は綾ちゃんでした!一週間ごとに色紙は変わりますので、詳しくは公式HPをご参照下さい!
続きを読む

  どうも。約20日ぶりの更新です。

  9/17,18 に京都府のみやこめっせにて開催された「京都国際マンガ・アニメフェア」通称「京まふ」に行ってきましたので、そのお話をしようと思います。
  当日は、ステージ観覧の予定も無かったので開場時間の9時ぐらいに着いたのですが、その時点で数百メートルもの長蛇の列が出来ており、最後尾まで歩くのが既にキツかったですw

  並んでみると以外と早く進み、1時間弱ほどで中に入ることが出来たので、早速3階展示ブースへ向かいました。


  秋アニメの「ALL OUT!!」です。
高校ラグビーを題材にしたスポーツものです。一巻だけの読んだのですが、これは面白かったですよ!

  今期アニメの「甘々と稲妻等身大(?)のつむぎちゃんがお出迎え!今期最強クラスの癒しアニメなので、時間があれば是非!(もう終わるけど)

  前期アニメ「ばくおん!」これ見てバイク乗り始めた人そこそこ居るらしいね。

  今月発売(?)の羽音&凛フィギュア。流石にバイクの造りが凝ってますねw

  弱虫ペダルのスピンオフ「弱虫ペダルSPARE BIKE」です。僕の好きな巻島先輩が。

  ガルパングッズの展示。このダー様ヤバない?めっちゃ濃いの出るわ

  「えとたま」の展示ブースです。キャストサイン入りポスター!柱が邪魔すぎる。

  これは…原画?可愛い。

  ケツマロ…じゃなくてケロマツとピカチュウ!そこそこデカかったですw

  実写映画化が決まっている「デスノート」のリュークが!こう見ると可愛さあるなw

  複製原稿。くそっ やられた!

  こちらも劇場アニメ化が決定している「きんいろモザイク」より陽子、綾ちゃん、シノ、アリス、カレンのパネルです。多分見に行く…と思う。

  前期アニメ「文豪ストレイドッグス」の掛け軸ですね。立ち絵がもともと良いからオサレに仕上がってますね。

  パネルもオサレ。

  劇場版公開が二ヶ月後に控えている「艦これ」の展示。キャラデザは良いんだけどなぁ…期待して良いんですか?

  謎関連展示。どういう共通点なのこれ?放送局?

  これもまた分からん…MBSか?

  秋アニメの「三月のライオン」のパネルです。将棋の作品だったかな?結構前からアニメ化希望の声が上がっていたので満を持して、と言う感じですね。これは期待出来そう!

  新作フィギュア展示。はいふりみけちゃん

島村卯月、天海春香、春日未来「アイマス」シリーズ主人公ズのフィギュア!これは強いでぇ…!横のPも可愛いなw

  冴えカノ恵ちゃんフィギュア!破壊力やべええええ!!!!

  こっちは製作途中のえりりですね。これも破壊力ヤバそう。

  Fateシリーズ凛、セイバーのフィギュア。むっちゃかわええやんけ…

  MADOGATARI展の広告。アンコールは東京のみですか…
                                                 
「迷家」の設定画ですかね?アニメ見てないから分からん。

はんだくんの原画じゃないな。動画…かな?


  お待たせ。ナナシスの展示です!
777☆SISTERSの衣装FALLING DOWNのニコル衣装

  CDリリース時のポスター
 

  いつだったかに展示された原画

  グッズ・CDジャケット
  ナナシスはこれからどんどん大きくなるコンテンツだと思ってます。まだCDもそんなに出てませんし、みんなで応援しような!

  秋アニメ「ドリフターズ」!これは楽しみなんすよね〜!

  自転車アニメ「ろんぐらいだぁす!

  本格派(?)声優アニメ「ガーリッシュナンバー」これはどうなんでしょうかねぇ…

  お前は…刀剣乱舞!刀剣乱舞じゃないか!(あんまり知らない)

  これは日常アニメになるのかな?

  なんと、あのタツノコアニメの「タイムボカン」が秋から土曜5時半にリメイク決定ですって!その名も「タイムボカン24」!

  設定等。なんか楽しそうですねw

  アニメ20周年の名探偵コナン歴代主題歌のジャケットが展示されていました。確か100も余裕で超えてたよな…

  左から見ると成歩堂龍一正面から見るとコナンの例の針金トリックアート!これは凄すぎるよな!

  冬アニメ「ハンドシェイカー」うーん。見ないかな!
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

  冬公開の劇場アニメ「LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門」最強の剣士「石川五ェ門」のルーツのストーリーだそうです。
                                                                                                                                                                         
  EDが毎回変わる事でちょっと有名な「ReLIFE

  アニプレ×伝統文化「和」のコラボ。日本が世界に誇る2大文化のコラボレーション。海外の方も目を向けてくれるかも?

  クロムクロのパネル

  モブサイコ100の複製原稿。アニメ凄いよね〜

  グレンラガンの衣装の展示。カッコいいね!

  青エクのパネル。これもまたアニメ化するんだっけか?

  こちらは会場で貰ったフライヤーやパンフです。結構な量貰っちゃったな…

  会場で購入したグッズ。今回はあまり買いませんでした。セーブセーブ。


  同日、「京都国際マンガミュージアム」にて開催されていた「 だがしかし展」にも行ってきました。
館内はほぼ全館撮影禁止でしたので、写真はありません…気になる方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?海外版のマンガもあったし、マジで無限に楽しめる空間でしたよ!!

  海外の方も多く見かけましたが、来た方がみんな笑っていたのが印象的でした。笑いは案外世界共通なのかもねw(全部日本語表記だったけど読めたのかな…)
  て訳でとりあえず限定クリアファイルとポストカードを購入しました。


--------------------------------------------------------
  いやしかしアレやね。こういうね、いろーんなアニメ企業が一同に会する場所で作品を売り出すためのアピールや広告を見るとねぇ、これからのアニメ業界にもすっごい期待したくなるねぇ!雰囲気飲まれただけですけどね!最近ロクにアニメ見れてないし!

  会場は以外と狭かったので2時間ぐらいで見終わっちゃいました。また来年も行きたいです。終わり!クソ長い!

  お久しぶりぶり。どうもわっふです。8月中頃からバタバタしててなかなか書けなかったブログですが、これは書かねばならんと思い、重い腰を上げようやく筆を執った次第でございます。キーボードだけどネ。
--------------------------------------------------------
   今巷で最も騒がれている「君の名は。」 皆さんはもうご覧になられましたか?

  僕は昨日観に行きました。台風10号の影響でクッソ土砂降りでしたが。

  見てない人に簡単に説明すると、「どこの誰とも分かんねぇ奴と中身だけ入れ替わって、お互いが誰なのか模索していくうちに衝撃の事実を知る事になり、その悲劇を救うストーリー」…みたいな?

  要するに「入れ替わりモノ」ですね。僕自身、新海誠さんの手がけた作品を「言の葉の庭」しか見たことが無いので深く掘り下げられませんが、他の作品と比べるとややコメディータッチなものになっていると思います。

  だって普通入れ替わりモノってギャグ感強いじゃないですか。特に男女入れ替わりね。お互いどうしていいか分からずあたふたしまくって、最終的に元に戻って「もうこりごりだ〜!」みたいな。

  そういう入れ替わりモノ特有の笑えるポイントもあるのですが、この作品の入れ替わりはちと違う。遠く離れた名前も知らない人と入れ替わるんです。普通この時点で詰むでしょ?でも、不定期入れ替わりでちゃんと本体に戻れるんですよ。
  周りの人達は「なんかちょっと変」ぐらいにしか思っていないので、当の本人達で解決しなければならない問題で、かつ相手がどこの誰だか分からないという…

  そうそう周りの人達といえば、皆いいキャラだったよね!瀧サイドの高木、司や奥寺先輩、三葉サイドのてっしーや早耶香ちゃん。

  主人公2人がファンタジー状態になってても、こういう「居そう感」のあるキャラが居るととても安心しますねw
最後の奮闘シーンでも、三葉の話をちゃんと聞いて誰よりも協力してくれた2人。「これが友情か…」と胸打たれました。
司と高木とのカフェのシーンも良かったですね。「学生の放課後」感がたまんないです。

  何か「目的」に向かってとにかく走る。無我夢中に、ただ必死に走るシーンに青春を感じました。「分からないけどとにかくやらなきゃいけない気がする」みたいな。思春期の若者らしいというか、見てる人間が応援したくなる姿
ほんまええなぁ感に全ての感情押し潰されそうになりました。良さみの頂上でした。のび太のおばあちゃんみたいな顔になってたと思う。

  キャストさん達の演技、プロ声優さんは安定でしたね。でも特に凄いと感じたのは神木隆之介さんです。

  キャストインタビューでも仰っていましたが、瀧(三葉)状態でも「あくまで瀧の体から出ている三葉の声」であることを意識して演じられていたそうです。これが上手いの何のって…流石トップ俳優さんですわ。るろ剣も見ましたよ僕。好き。
  三葉役を演じられた上白石萌音さんも同じことを意識されていたそうです。こちらもめっちゃ上手い。


  いろいろ言いましたが、一言で言いますと





しゅごい…

しゅごしゅぎる…

 (こっからは感情に任せて喋るゾ)

  はいまず美術!背景!!やべええええええええすげええええええ綺麗すぎるううううううううう!!!!新海誠万歳!!!!!
東京の風景、ロケハンを重ねた結果もう本物になってしまった。糸守町は一応架空のものですが、あの何とも言えない「THE・田舎」感ね。あんな懐かしさ作れないよ普通…

  キャラデザ!!良い!!田中将賀さんです。ここさけ」とか「あの花」を担当された方です。作画監督安藤雅司 さん。「思い出のマーニー」とかを担当された方です。

  あの媚びない感じというか、あの独特の雰囲気が究極美麗な背景とシンクロすると…筆舌に尽くしがたい…宇宙…    宇宙?

  脚本!!!説明不要!!!
もうね、凄い凄いってこの作品の何が凄いかっていうとね…


全部繋がる。


107分最初から最後まで余すところなく繋がる

開幕のあれすらも繋がる。最初から最後までシーンがそれぞれリンクする。発言も繋がる。ご神体の山の頂上の2人が出会うシーン、ポロっと言った「黄昏時」が伏線になってたと分かった瞬間鳥肌立ちましたわ…
しかもキービジュが既に伏線というか半ネタバレになっていようとは…107分に全てを投げて全てを回収する。これにはもうただただ脱帽。

  ここまで削るには途方もない苦労がかかったんだろうなぁ…と思うと「これ、もっとお金払った方が良かったよね…?」という気分に駆られます。

  キャストの演技!!!全員上手い!!!
ここまで不快感ないの!?さっきも言ったけど、神木隆之介さんとか、あと長澤まさみさんとか。ツッコむポイントがねぇ。

  音楽!!!良い!!個人的にRAD WINPSの曲は「君と羊と青」ぐらいしか聴かなかったのですが、何というか、歌詞のロマンティックな雰囲気はこの作品にピッタリだったと思います。僕は「前前前世」より「スパークル」の方がすこ。

  シコポイント!!シコポイント高いよこれ!!!君ら女の子と入れ替わったらどうする!?!?

乳揉むよね!?!?




揉んでました!!!!!うおおおおおおおおお!!!!!!

三葉ちゃんの寝起きの服のはだけた感じとか!!!
三葉ちゃんだけじゃない!奥寺先輩もシコ高い!!なんやあのえっちな雰囲気は!!誘ってるやろ!!

  こういう視点で見てほしくは無いけど、これは見所ですので是非。

  さっきも言いましたが、「言の葉の庭」は見ました。この記事書く前に一応と思って。この作品に出てきたユキノ先生はもしかして…?
なかなか遊び心ありますよねw

  いろいろ喋りましたが、最終的に見終わっての感想はもうこれですね。




クッッッソ面白ぇ…




また見に行きたいですね。いつか将来、不朽の名作として語られてるといいなぁ…

続きを読む

↑このページのトップヘ